MODE JAPAN Blog

IoTを活用したデジタルトランスフォーメーションのための情報、開発の現場から技術的な情報や取り組みについてお届けします。

感染症対策IoTソリューション構築のポイント

新型コロナウイルス感染症蔓延などであらゆる業態での感染症対策が事業継続、労働者の稼働連続性維持の観点から必須となってきました。施設入場時にサーマルカメラ等で入場者の体温を検知するシステムが一般的に利用されますが、カメラの視認などの業務負荷を避けるためデータのクラウド蓄積や既存業務システムとの連携が求められます。

この章ではサーマルカメラをIoT技術で業務システムと統合したオフィスオートメーション・システムとその構築時のポイントを解説します。

異常検知時の即応性を維持したままクラウドデータ収集を行う

カメラ等のデバイスをIoT化すると、すべてをクラウドで制御するため異常通知が遅延するというイメージを持たれる場合があります。実際システムの構成によってはそうなるケースもありますが、それを念頭においてシステム設計を行えば問題ありません。具体的には「エッジ処理」を盛り込むことで回避できます。

体温検知用のサーマルカメラをMODE Gatewayに接続する場合、Gateway自体に様々なエッジ処理を実装することが可能です。例えば入場者の異常体温を検知した場合に入場ゲートを閉じたり、警告ランプを点灯させるといった動作を実現する場合、MODE Gatewayを入場ゲートや警告ランプと接続することによって、体温データに基づいた各デバイスの制御が可能となります。

「MODE Gateway Local API」はこのような処理を簡単に構成できるようMODE Gatewayに実装されている汎用的なAPIです。Local APIを使うと上記のようなエッジ処理とデータ収集を組み合わせたカスタマイズがユーザーサイドで簡単に実装可能となります。これによりエッジデバイスに新しいデバイスとの連携が必要になったとき、アップグレードを迅速に行うことが可能となります。

また「MODE Firmware Bundle Update」を利用してGatewayの新しいアップデートプログラムをリモート操作ですべてのGatewayに自動展開できます。各エッジデバイスの稼働状況を「MODE Log Requester」で収集分析することが可能です。

MODE Platformは柔軟にカスタマイズ・アップデート可能なインテリジェントIoTゲートウェイ「MODE Gateway」とセキュアに接続された大規模・高速データ収集プラットフォーム「MODE Platform」で構成されています。この統合型IoTプラットフォームを利用してエッジ処理を組み合わせた高機能な自動化システム運用を迅速に開始することができます。

対策に必要なデータを複合的に収集して業務システムと連携する

施設内での感染症の蔓延を未然に防ぐ対策行いたい。それを検討する場合は「いかにして感染疑義を早期に特定するか」と「感染疑義が発生した場合に速やかに防衛対策に移行する」ことがポイントになります。これらを検討する場合はその施設・設備ごとの特徴ごとに手法が異なるため、必ずしもサーマルカメラによる体温検知がすべてのケースにおいて最適解ではないことに注意してください。

カメラを設置できない場所があり、カメラだけでは検出精度を担保できない環境も存在します。そして体温検知はあくまで感染疑義の早期特定に有益であり、感染疑義が発生した場合の対応手段ではありません。感染が発覚した場合に従業員に通知する、発覚に至るまでの経過データを記録、分析するためには業務システムとIoTシステムとの綿密な連携が必要となります。

これら複合的で複雑な要件に対応するため、MODEでは様々なシステム・アプリケーションと柔軟に連携可能なインターフェイスを持つクラウド・コンポーネントを提供しています。例えば「MODE Kinesis Smart Module」を使うと異常を検知したカメラから異常時前後の録画データを業務システムのストレージに配信することが可能です。

また、社員IDカード等から感染疑義者の施設内の移動履歴、接触疑義者の特定等を行うために「MODE TIMESERIES DATABASE」がそれら履歴データの収集と高速な集計処理を担い業務システムと連携することで業務システムに負荷がかからない迅速な分析・情報配信が可能となります。

MODEでは上記のようなIoTデータ収集・集計に特化したクラウド機能群「MODE CLOUD COMPONENTS」を提供することであらゆるデータ収集要件にお応えしております。すべてのコンポーネントは多くのシステムに接続可能なREST APIを提供しており社内業務システムやプライベートクラウド・アプリケーションなどと容易に接続・連動することが可能です。

ビジネス企画からシステム開発までトータルサポート

MODEのIoT製品群は感染症対策デバイスを開発・提供されているメーカー様にクラウドソリューションを提供させていただく他、感染症対策デバイスを施設内で有効活用するための自動化を行いたいユーザー様に対するシステム連動などのイングレーション、サポートを行っております。

MODEのIoT製品開発プログラム「MODE Labs」は、IoT製品企画から開発コンサルティング、システム開発、マーケティングまでお客様のIoTビジネス成功のためフルサポートを月額定額料金で承っております。このプログラムを通じて、MODEでは豊富なIoTシステム構築ノウハウを活かした幅広いビジネス協業、サービス提供を行っております。

その他業種ごとのデータ収集・分析ソリューションについては下記の事例集をご覧ください。 www.tinkermode.jp