MODE JAPAN Blog

IoTを活用したデジタルトランスフォーメーションのための情報、開発の現場から技術的な情報や取り組みについてお届けします。

オンラインデモ「MOBILITY CLOUD ~次世代の車両データ活用システム~ 」を開催しました!

MODEは去る4月8日(木)にオンラインデモ「 MOBILITY CLOUD ~次世代の車両データ活用システム~」を行いました。その時の様子をレポートします!

オンラインデモ「MOBILITY CLOUD ~次世代の車両データ活用システム~ 」

こんにちは!MODEの江藤です。 近年、車両データを活用する動きが活発化しています。本セミナーではMODE MOBILITY CLOUDの使い方や機能について、MODEのアカウントセールス、リエさんが解説しました。

f:id:etoamode:20210426120449p:plain

車両データ活用の現状

例えばドライブレコーダーでの録画記録、GPSからの現在位置の可視化、運行記録からの日報作成支援など、すでにデータ活用は始まっています。

しかし、実際は汎用的な利用例から先に進んでいないという現状があります。業務や業種によって取りたいデータは異なりますし、車両から取れるデータはまだまだたくさんあります。

こうした必要なデータをリアルタイムで取得し、車両データとして活用できるのがMODE MOBILITY CLOUDなのです。

MODE MOBILITY CLOUDは、自動車や産業用車両といった移動体(モビリティ)からのデータを活用することに特化したサービスです。センサーデータの取得から可視化まですぐに使える形でご提供しています。

f:id:etoamode:20210426120518p:plain

セミナーでいただいた質問

f:id:etoamode:20210426120538j:plain

当日は、車両のデータ活用の導入について、具体的に考えていらっしゃる方から、製品・サービスの比較検討段階の方まで、たくさんの方にご参加いただきました。 質問では、「商用車がメインですか?乗用車でのビジネスは可能ですか?」「事例で紹介されていたお客様の場合、システム開発期間はどのくらいでしたか」のように自社の事例に近いものに関するご質問や、「リアルタイムにデータアップロードするときの想定される通信は何ですか?」「ゲートウェイに対するサイバーセキュリティ対策は入っていますか」といった技術的なものまで、たくさんのご質問をいただきました。

MODEではこれまでのIoT導入の経験から、様々なご提案をさせていただきます。引き続き、こうしたセミナーも続けていきますので、ぜひご参加ください!

これからMODE MOBILITY CLOUDをご検討の方、またIoTが繋がらない、うまくデータ活用できないとお考えの方、ぜひMODEへご相談ください。

オンライン相談のお申し込みはこちら